押入れをクローゼットリフォームする費用

押入は収納場所として使用していますか?

 

何となく物置に使っているという方も多いです。

 

せっかくある収納スペースを使わないのはとても勿体ない事です。

 

最近は押入れをクローゼットにリフォームしている人が沢山います。

 

せっかくある収納スペースを有効活用しましょう。

 

押入れをクローゼットにリフォームする時の基本費用をご紹介します。

 

押入れをクローゼットにリフォームする時

 

【中段の撤去と処分】
クローゼットにする場合、洋服の収納を考えると押入れの中段が邪魔になってきますよね。

 

ですから、中段を撤去する必要があるのですが、中にはDIYでやってしまおうと考える人もいます。
大掛かりな作業となり、壁や床を傷付けてしまう場合があります。

 

よっぽど大掛かりなDIYに慣れていて自信がある場合は別ですが、そうではない時は専門業者に依頼した方が良いでしょう。

 

 

【押入れの襖(ふすま)から扉の取り付け】
襖のような引き戸の場合は、中が見えにくかったり収納しづらかったりします。
洋風のお部屋であれば、襖から扉に変更した方が部屋の雰囲気に合っていますね。

 

部屋が和室の場合は部屋のイメージに合わせて襖から引き戸に変更するのも良いでしょう。
扉の変更に伴ない、扉に合わせた枠の取付も行います。

 

 

【棚や引き出しの取り付け】
何も仕切りのないスペースも良いですが、クローゼットに合わせた棚や引き出しを作ってもらうとより便利になります。

 

ハンガーパイプの上に棚を作ってもらうことで、スペースを有効利用することが出来ます。
せっかくリフォームするので、出来るだけ収納スペースを増やしたいですね。

 

 

【ハンガーパイプの取り付け】
洋服の収納する場合は必須ですね。
収納する場合、手が届く丁度良い高さに設置して貰いましょう。

 

 

押入れをリフォームする時にかかる費用の相場

中段の撤去と処分 約3〜5万円
襖(ふすま)から扉の取り付け 約4〜6万円
棚や引き出しの取り付け 約5万円〜
ハンガーパイプ取り付け 約1〜2万円

 

ここまでが押入れリフォームの基本費用となります。

 

押入れの状態や業者によって金額も変わってきますので参考にして頂ければ幸いです。

 

 

押入れリフォームからウォークインクローゼットへ

 

押入れを更に広くしてウォークインクローゼットにリフォームしたい場合

 

ウォークインクローゼットは、部屋のように中を歩けて沢山収納も出来る、広いクローゼットの事です。

 

衣装部屋のように、ファッションモデルのような気分で綺麗に整理された洋服を選んで見るのは、女性の憧れだったりしますよね。

 

一般的なクローゼットの面積は半畳?1畳ですが、ウォークインクローゼットの場合は約3畳近くあります。

 

その為、押入れだけでなくお部屋の一部も含めた大掛かりなリフォームとなります。
使っていない和室から、衣装部屋へ変更する方は沢山います。

 

全ての洋服をまとめられるので、取り出しやすく整理整頓が楽になったり、大きな荷物も楽に片付ける事が出来ます。
歩ける部分を作る為、その分の収納が出来ないのが欠点ではあります。

 

使わない部屋がある場合、ウォークインクローゼットへのリフォームはとてもおすすめです。

 

ウォークインクローゼットへのリフォームは、約20~50万円となりますので、一般的なクローゼットリフォームに比べると大掛かりな分、高めになります。

 

どんな押入れをリフォームをしたいのか、一番自分に合っているリフォーム方法を選んでみて下さいね。

 

 

押入れリフォームで追加費用がかかる場合もありますので、こちらのページも参考にしてみて下さいね!
押入れリフォーム追加費用