扉を変更する費用

 

クローゼットにリフォームした際の「扉」の費用について

 

襖(ふすま)を新しくした場合、一般的なクローゼットの扉はおおよそ3種類になります。

 

他にも扉の種類はありますが、下記で紹介する3種類の扉に変更する人が多いです。

 

部屋の作りなどによって違いますが、基本的には業者からもこの3種類の中から選ぶよう提案されるでしょう。

 

扉の種類と特徴についてはこちらのページで紹介していますので参考にしてみて下さい。
クローゼット扉の種類

 

 

扉の種類と変更する時の費用

【折れ戸(フリータイプ)】
ポピュラーなクローゼットの扉。
開口部が広く押入れの中を見渡す事が出来ます。
物を取り出しやすいのが一番のメリットです。

 

開けると扉が前に大きく出るので、扉の周りに物を置けません。
置いてしまうと開閉時に物を移動しなければなりません。

 

また扉を開けるのに少し力が必要なため、ご高齢の方は一度開け具合を試してみた方が良いです。

 

小さなお子様が居るご家庭は、お子様が指を挟まないようにご注意下さい。

 

折れ戸(フリータイプ)の費用目安:約3万円〜
※約1万〜約2万円の取付け工賃が別途必要です。

 

 

 

【引き戸(引き違いタイプ)】
襖と同じ開け方の引き戸は扉が手前に出ることなく開け閉め出来ます。
和室のままでも違和感がありません。
お部屋のインテリアや物の置き場所に気を使わなくて良いです。
ただし襖(ふすま)と同様、開口部は半分になるので、開き戸のように一目で中を全て確認するような事は出来ません。

 

引き戸(引き違いタイプ)の費用目安:約5万円〜
※約1万〜約2万円の取付け工賃が別途必要です。

 

 

 

開き戸(両開きタイプ)
折れ戸と同じように開口部が広くとれて中を見渡す事が出来ます。
ですが、折れ戸以上に扉が手前に出るため、最近は余り多く使われることはありません。
折れ戸で済むのであれば、折れ戸を勧められるでしょう。

開き戸(両開きタイプ)の費用目安:約3万円〜

※約1万〜約2万円の取付け工賃が別途必要です。

 

 

 

【扉タイプ別価格相場表】

 折れ戸(フリータイプ)  約3万円〜
 開き戸(両開きタイプ)  約3万円〜
 開き戸(片開きタイプ)  約2万円〜
 引き戸(片引き戸タイプ)  約4万円〜
 引き戸(引き違いタイプ)  約5万円〜

※約1万〜約2万円の取付け工賃が別途必要です。

 

扉によって、変更する費用が少しずつ違っています。

 

予算と部屋の形に合わせて選ぶようにしましょう。