中棚をなくす費用

押入れリフォームと言っても、中棚だけをなくして欲しいという方もいます。

 

中棚の撤去は、押入れとしては使わないけど部屋を大きくして使用したい方におすすめです。

 

中にはDIYで解体しようとする人もいますが、中棚の撤去はとても手間がかかって大変な作業なので、業者にお願いした方が良いです。
失敗したり、壁や床を傷付けてしまう場合もあるからです。

 

業者依頼して押入れの解体を思い切ってした事で、「とても快適な空間になった!」と喜んでいる友達もいます。

 

解体だけしてハンガーパイプを設置して、扉は付けずに中を見せる形での収納スペースにしていました。

 

ハンガーパイプは、普段使っているコートや上着などを掛けていたので、洋服をぎっしり収納するような感じではありませんでした。

 

空いた空間は元々家にある低めの収納棚などを置いてあり、おしゃれなスペースになっていました。

 

押入れリフォームと言っても、クローゼットだけではなく中棚を解体するだけでもイメージや使い勝手が全然違います。

 

友達の場合は中棚の撤去だけではなく、床をフローリングにして壁の張り替えもしていました。

 

部屋の一部として使うので、追加費用はかかってしまいますが、一緒にリフォームしていました。

 

押入れは通常、中段に作られた棚段があり、上下二段に仕切られています。

 

一般的には、体をしゃがまずに収納しやすい上段に布団を収納します。

 

そして下段には普段使用しない家具や衣類、小物などを入れておきます。

 

ですが、部屋を洋室にリフォームしてベッドを購入した場合や、部屋として使わなくなってしまった時、布団収納が不要となる場合もあります。

 

押入れがあっても、布団の収納はしていない状態で、殆ど使用していない人もいます。

 

収納しようにも奥行きがあるので、中棚があり使いにくいのが理由の一つです。

 

せっかくある収納スペースを使わないのは本当に勿体ないです。

 

中段を取り外せば、背丈の高いものを入れられるようになります。

 

中段がないだけでもとてもしまいやすくなるので便利です。

 

中の板を取り除くだけの作業なので、簡易的なリフォームだけで済ませることが出来ます。。

 

中段をなくすだけであれば、押入れのサイズや中棚の造りによって差はありますが、一般的には約2〜3万円程度の金額からリフォーム工事を行うことが可能です。

 

クローゼットにしたい場合は、ハンガーパイプの取り付けをしたり、扉を設置したりと別途費用がかかります。