押入れからクローゼット以外のリフォーム

 

押入れのリフォームをする時に、 クローゼット以外の改造は可能なのでしょうか?

 

押入れが使いにくいので、クローゼットなどにリフォームしたいと言う方は沢山いらっしゃいます。

 

押入れのリフォームはバリエーションも多く、手頃な値段んでリフォームする事が出来ます。

 

中には、押入れは使いにくいと言って余り活用していない人もいます。

 

せっかく押入れがるのですから有効活用しなければ勿体ないです。

 

押入れをリフォームをすることで、より収納スペースを有効活用する事も出来ます。

 

 

押し入れはどんなものにリフォームできるのか?

 

  • クローゼット

一般的なリフォームで、クローゼットにする方が多いです。

 

  • 本棚

本が好きで沢山ある人におすすめです。
小さな書庫のようにすると、沢山収納出来て良いでしょう。

 

  • 勉強スペース

小さな小部屋のようにして、机と椅子があればちょっとした勉強スペースになります。
押入れを1つで約2畳ほど広くなるでしょう。

 

  • ベッド

寝室が和室で洋室にした場合、押入れをベットスペースにすれば寝室が広くなりますよね。

 

 

上記のようにリフォームする事もできます。

 

押入れは間口も奥行きも広いので、リフォームする事で色んなスペースに活用できるのです。

 

この中でも、やはりクローゼットリフォームは簡単で費用もお手ごろなので、人気があります。

 

押入れを二つに区切りたいという方もいらっしゃいます。
その場合は、押入れが別の部屋の壁に面していることが条件になります。

 

部屋の壁を壊しても、耐震強度に変わりがない事を確認しなくてはなりません。

 

 

 

押入れをリフォームする方法

 

この項では、押入れをリフォームする方法について解説します。どのようにリフォームすれば使い勝手が良くなるのでしょうか?

 

 

 

■業者にリフォームを依頼するメリットとは

 

中にはDIYでリフォームしたいという方もいます。
ですが、難しい部分もありますし、中には失敗してしまって結局は業者にお願いしたとい方もいるのです。

 

DIYによほど自信があれば良いですが、そうでないのであれば、業者を活用する事をおすすめします。

 

業者に押入れリフォームを依頼すれば、DIYで行うよりも機能的でしっかりとしたリフォームができます。

 

例えば、押入れの中に引き出しを作って、服を収納が出来るようにする事も出来ます。

 

押入れを潰して部屋を広くしたりすることも可能です。

 

自分でやるには少し難しいかな?と思うような事も出来るのです。

 

また、押入れがほかの部屋の壁に面している場合は、押入れを二つに区切る事も出来ます。

 

そうすれば、奥行きの浅いクローゼットを2つ作る事も出来るでしょう。

 

長く使えるてより便利にリフォームをしたいという場合は業者に依頼してみましょう。

 

 

 

■クローゼット以外にリフォームする時の注意点

 

押入れは家の他の部分より強度が弱かったり、断熱・防湿対策が取られていない場合があります。

 

ですから、家によってはクローゼット以外のリフォームが難しい事もあります。

 

例えは、本棚にしたいという場合、湿気がこもりやすければ本が傷んでしまいますよね。

 

自宅の押入れの様子がよく分からないという場合は、まずは業者に相談してみる事をおすすめします。

 

場所によっては、補強をしたりする必要がありますし、防湿・断熱対策を取ればリフォーム方法が広がる可能性もあります。

 

依頼する業者にもよりますが、押入れの原型がないくらいにリフォームをする場合、費用は30万円〜が相場です。

 

用途によっても金額が変わりますので、予算ともよく相談してリフォーム方法を決めましょう。

 

押入れはDIYでも改造しやすい場所ですが、不用意に行うと家を傷めてしまいますので、とても注意が必要です。

 

大規模なリフォームをする場合は、必ず業者に依頼しましょう。

 

押入れをリフォームする事で、ちょっとした部屋になったり使いやすいクローゼットになったりします。

 

デッドスペースに近かった押入れを、とても便利な空間にする事も可能なのです。

 

服をつるせる空間にするだけでも本当に便利です。

 

洋服が大好きな女性も多くいますので、収納場所に困ってしまう場合は押入れをクローゼットにする事がとてもおすすめです。

 

押入れが使いにくい場合は、思い切ってリフォームしてみましょう。

 

せっかくある空間を使わないのは本当に勿体ないです。

 

余り使っていない押入れがあったら、自分に合った業者選びとリフォームをして、快適な空間として活用しましょう。