押入れをリフォームする5つの方法

押入れをクローゼットにリフォームする方法

 

押入れをリフォームする時に大切なのは、予算と使い方になります。

 

大掛かりなリフォームをするとその分お金がかかってしまいますので、どのリフォームが自分に合っているか考えてみましょう。

 

押入れをクローゼットにリフォームする方法は大きく分けて5種類になります。

 

 

@ 中だけをクローゼットへ変更する押入れリフォーム

 

A 扉に変更するだけの押入れリフォーム

 

B 一般的なクローゼットへの押入れリフォーム

 

C ウォークインクローゼットへの押入れリフォーム

 

 

この4種類が基本的な押入れリフォームですが、それ以外に…

 

D クローゼット以外に使用する押入れリフォーム

 

もありますので、下記で紹介しますね。

 

 

@ 中だけをクローゼットへ変更する押入れリフォーム

 

中だけを変更するリフォームをする多くの人は、外観は和室のまま使いたいたいけど押入れとしては使っていないから収納しやすくしたいと言う人が多いです。
押入れの中棚を取り外して、洋服を掛ける為のハンガーパイプを設置するというものです。

 

大きな物をしまいたいけど中棚があって片付けられない、洋服が多くて収納に困っていたらおすすめです。

 

扉は変えずに中を変えるだけなので、外観を損なうことなく押入れが機能的になりとても便利です。

 

工事も半日程で終わりますし、費用を抑える事が出来るので手軽にリフォーム出来ます。

 

 

 

A 扉に変更するだけの押入れリフォーム

 

押入れの中はそのままで扉のみリフォームする方もいます。

 

和室を洋室に変えた為、部屋の雰囲気に合わせて襖(ふすま)を扉に変更する人が大半です。

 

扉選びはとても重要で、お部屋の形などを考慮してより機能的な扉を選ぶようにしましょう。

 

扉の種類については他のページで紹介しているので参考にしてみて下さいね。

 

ページURL

 

部屋は和室のまま襖を綺麗にしたくて、襖の張り替えや取り替えする方もいます。

 

 

 

B 一般的なクローゼットへの押入れリフォーム

 

一般的で最も多く行われている押入れリフォームは、クローゼットから押入れに変更する方法です。

 

押入れの中棚の撤去、洋服を掛ける為のハンガーパイプの設置、襖を扉に変更する、この3ヶ所のリフォームです。

 

「押入れとしては使わないけど洋服や荷物の収納場所が欲しい。」「和室を洋室にリフォームしたから押入れも一緒にリフォームしたい。」色々な人がいます。

 

 

 

C ウォークインクローゼットへの押入れリフォーム

 

ウォークインクローゼットにリフォームする場合は押入れの広さよりも大きなスペースが必要になります。
ですからお部屋のリフォームも一緒にしなければなりません。

 

押入れリフォームの中では一番大掛かりな作業となります。

 

押入れの広さは大体1畳ぐらいですが、ウォークインクローゼットの一般的な広さは3畳程になります。

 

ウォークインクローゼットに必要なスペースをどのように確保するのか考える必要があります。

 

クローゼットにリフォームするのは大きく分けるとこの4つのパターンとなります。

 

 

 

D クローゼット以外に使用する押入れリフォーム

 

クローゼット以外で押入れリフォームしたいと思った経験はありませんか?そんな人におすすめなのがクローゼット以外のリフォームです。

 

クローゼットなどの収納場所として使うのではなく、空きスペースとして使用したい時におすめです。

 

空きスペースとしてどんな使い方が出来るのかご紹介します。

  • 勉強部屋
  • 書斎
  • メイク室
  • 本棚
  • ベッド
  • キッズスペース
  • ベンチスペース
  • 部屋の一部として

色んなスペースとして使用できます。

 

このように、色んな使い方が出来て、扉を使用しなければ部屋が広く感じる空間になります。

 

とてもおしゃれにリフォームしている人が沢山いますよ。

 

押入れリフォームする時はどんな空間として使いたいのか?予算はどれ位なのか?自分に合った押入れリフォームをして下さいね。