准看護師の再就職や転職を応援するサイト!

正・准看護師おすすめ転職サイト

丁寧なサポートで安心して転職出来ます。
年齢のご心配もありません。

【転職お祝い金12万円】 看護師転職サイト 『看護プロ』


勤めている病院でパワハラを受けています。

准看護師の転職

 

新人看護師です。
勤めている病院でパワハラを受けています・・・もう耐えられなくなりそうです。

 

本当に辛いですよね・・・お気持ち分かります。

 

パワハラのターゲットになりやすいのは新人看護師です。
指導や教育をせず、無能などと暴言を浴びせたりして、心身にダメージを与えるようなケースが増えています。
そしてパワハラを受けた新人看護師は、自分に実力がないとか、価値がないとか、自分を責めてしまうようです。
受けた看護師はダメージが非常に大きく、うつ状態になったり、体調を崩してしまう人もいます。

 

私もパワハラを受けた事があり、患者さんの前で悪口を言ったり、仕事を教えてくれなかったり、機嫌が悪いと挨拶を無視したり・・・幼稚なイジメや嫌がらせを何度も受けました。
ずっと我慢していましたが、精神的にも参ってしまい、耐えられなくなって辞職した経験があります。

 

上司や看護師長等からパワハラを受けている看護師は少なくありません。
本来ならば、新人教育の指導を行いメンタル面のケアをしなければならないはずですが、指導を行うべき上司や看護師長等がパワハラに荷担ししているケースが増えています。

 

 

パワハラは相手が自分よりも階級が上であり、同僚に力を借りる事ができず解決方法を見出すのが難しくなっています。
その為、不本意な気持ちで転職する事を選ぶ看護師が後を絶ちません。

 

 

パワハラの問題は深刻さを増しています。
社会人の90%もの人が職場でイジメやパワハラ等を経験しているとされています。

 

特に、医療・介護業界は多く看護師の職場では人間関係、上下関係、理不尽なイジメ、陰口などパワハラが横行しています。

 

上司や看護師長の暴言などの威圧的な行動は、看護部によって黙認されている場合が多い事です。
これがパワハラの厄介な所なのです。
同士を集めて看護部へ押しかけても効果がない事が多いです。
逆に、状況が悪化して、問題児扱いされたり上司に刃向かう危険人物として見られる事もあるのです。

 

看護師長や看護部は独自に他の医療施設との繋がりを築いています。
転職しようとしても、思わぬ妨害にあったりと、転職に悪影響をきたす危険もあるのです。

 

このままパワハラに我慢して勤め続けなければならないのでしょうか?
確かに個人だと八方ふさがりで対応は難しいかも知れませんが、解決策も少なからずあります。

 

パワハラにあった時はどうすればよいのでしょうか?

 

  1. リエゾンナーレ(精神専門看護師)に相談する
  2.  

  3. パワハラの相談窓口を利用する
  4.  

  5. 証拠を集めて自分で身を守る
  6.  

  7. 看護師の転職支援サイトを使って転職する

 

 

1,リエゾンナーレ(精神専門看護師)に相談する

精神専門看護師は、メンタルケアのプロフェッショナルです。
精神科の患者さんのケア以外に、現場で働いている看護師のメンタルケアも行っています。
パワハラと闘う為のアドバイスをくれたりするはずです。
根本的な解決は難しいかも知れませんが、勤務先に精神専門看護師がいる場合は相談してみるのも良いかと思います。

 

 

2,パワハラ相談窓口に相談してみて下さい。

一般的には信頼のおける上司に相談する事が良いとされていますが、上司がパワハラに荷担している場合が少なくありません。
そういった時に利用したいのが、心の耳というサイトで、厚生労働省が運営しています。
ここでは心の傷を軽くする取り組みをしています。
メールの相談窓口や、心療内科や精神科の地域産業保健センターの検索などが出来ます。
他に、電話での相談が出来る窓口もあります。

  • 職場のトラブル相談ダイヤル
  • みんなの人権110番
  • 都道府県労働委員会
  • 都道府県労働局雇用均等室
  • 総合労働相談コーナー

電話だけでは具体的に解決出来ないかも知れませんが、解決の糸口を見付けやすくなったり、日頃溜め込んでいる悩みを相談する事ができます。

 

 

3,証拠を集めて自分で身を守る

パワハラの対策として、パワハラだと感じた上司や師長の言動や行動などを記録や録音して、パワハラが行われていると証明できる証拠を細かく取っておきましょう。
労働組合や労働基準局にパワハラの証拠を提出する時にとても重要になります。
気を付けなければならないのは、証拠を提出する前に、相手に提出する事を知られてしまうと、転職や退職の邪魔をされる場合があります。
ですから、こういった嫌がらせを防ぐ為にもしっかり対策しておく事が必要です。
相手に知られる前に転職先を確保してから証拠を提出しましょう。
証拠が十分揃っていれば、転職前後に嫌がらせされても、労働基準局などに申してることが出来ます。

 

 

4,看護師の転職支援サイトを使って転職する

転職サイトを利用して、パワハラ対策するのも一つの方法です。
看護師の転職する理由として、パワハラや人間関係が原因となっている事が非常に多いです。
パワハラが原因で転職する時に、転職支援サイトを利用している看護師が沢山います。
看護師が転職支援に登録すると、無料で利用できてアドバイザーが個別につきます。
転職支援サイトでは、パワハラ対策のノウハウがしっかりあり対処方法など相談にのってくれるでしょう。

 

 

パワハラを我慢していても何も解決出来ません。

 

取り返しのつかないダメージを受けて身体を壊す前に、早めに行動する事をおすすめします。

 

パワハラの相談窓口は増えていますし、いずれも無料で相談できるものばかりです。
これらを利用して問題を早く解決し、気持ち良くお仕事が出来る環境にしたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


★関東・東海エリアを対象として、看護師の方々から高い評価を得ています

看護プロ

 

 長く働ける職場を探したいという方におすすめです!
・入社後もしっかりサポート ・首都圏最大級の案件数 ・お祝い金12万円キャンペーン中

『看護プロ』の詳細はこちら

★全国対応しているので幅広く探す事が出来ます★

看護のお仕事

 

 丁寧なサービスが評価されてbPになりました!
・神奈川県の非公開求人多数 ・あなたの代わりに待遇交渉 ・転職支援金、最大12万円プレゼント

『看護のお仕事』の詳細はこちら

★北海道・兵庫・岡山・広島県内に地域特化★

ナースジョブ

 

 好条件な転職への近道!
・求人の70%は非公開求人 ・兵庫、広島、九州、北海道の方向き ・転職して年収が100万円アップした方もいらっしゃいます

『ナースジョブ』の詳細はこちら