押入れリフォーム湿気対策

押入れリフォーム

 

押入れリフォーム湿気対策について

 

押し入れがかび臭い!という事はありません?湿気対策もしっかり行ってリフォームしましょう。

 

押入れの場所にもよりますが、特に古い押入れは壁や天井が湿気によって状態が良くない場合があります。

 

せっかくクローゼットにリフォームをしても、湿気対策をしておかないとまた元の状況に戻ってしまう事もあります。

 

カビ臭い時は、壁と天井にカビ防止のクロス張りをする事で、カビ臭さを無くす事が出来ます。

 

大切なのは、なぜ湿気が発生しているのか?等を業者に調べてもらう事です。

 

同じ事を繰り返さない為にも、まず原因を解決する為の対策を取る事をおすすめします。

 

まず簡単に行える処置としては、ルーバータイプの扉を設けると換気状態が良くなり湿気がこもりにくくなります。

 

ルーバータイプは見た目にも良いので、オススメです。

 

ルーバータイプの扉とは、よく見かけると思いますが、扉全体に隙間があるので通気性の良い扉です。

 

大掃除の季節に押入れを見て結露に驚く人もいます。

 

結露する事でカビが生えて押入れが痛んでしまいます。

 

その対策方法として結露防止シートや湿気対策、断熱材や除湿機、クロスのリフォームなどがあります。

 

押し入れの結露対策、リフォームする時の費用や工事期間、注意点などを紹介します。

 

 

 

押入れの結露の原因や断熱材などの対策

 

大掃除の時期、押し入れやクローゼットを開けるとジメジメしていて結露に驚く方も多いのではないでしょうか?

 

冬場に窓ガラスなどによく見られますよね。

 

同じような現象が、押し入れやクローゼットでも起こりやすく、こうした結露の原因は、収納空間と部屋との温度差だと言われています。

 

気温が下がると空気から出た水蒸気が水になり、窓ガラスなどの表面などに水滴となって現れるのが結露です。

 

冬に気温が下がり暖房などをつけますが、室内の環境によって押し入れやクローゼットの中がとても冷えやすくなるため、室内で温められた空気によって、結露が起こりやすくなります。

 

また、乾燥する時期でもありますので、加湿器を使い室内の湿度が上がり、加湿のし過ぎでも結露の原因となる事もあります。

 

押し入れやクローゼットの背後が外壁になっている場合、特に注意が必要となります。

 

一般的に条件の良い南向きの部屋は、リビングなど居住空間に割り当てられ、押し入れなどの収納スペースは、北向きの部屋に作られてしまう事が多いのです。

 

外気の影響で空気が冷やされ、室温との温度差が大きくなりやすいのです。

 

天候の影響などで放射冷却で外の気温が著しく低下し、気温が下がる朝晩などに結露が現れやすくなります。

 

部屋の位置と方角、そして天候状態にも注意しておきましょう。

 

 

 

押し入れの結露と湿気対策について

 

押入れや物置のように閉め切った空間は、空気が停滞するので結露が起きやすくなります。

 

押入れの寝具や衣類がしけることは、カビやダニの発生原因となります。

 

押入れはとっても、湿気やすい場所ですから、隙間を作って常に空気が通るようにしておくのが大切です。

 

たまにはいらないものを整理して、物を溜め込まないようにしましょう。

 

 

  • 温度差を少なくする

押し入れ内の壁の材質を、建設時に断熱材にするなどしておくと安全ですが、費用がかけられないという場合は、エアキャップや発砲スチロール箱を切って、断熱材代わりとして、隙間なく貼り付ける事で大分違うでしょう。

 

押し入れが冷えすぎないよう、出来限り室内との温度差を小さくするように心がけましょう。

 

 

  • 湿気を減らす

できるだけこまめに扉を開けて、収納空間の空気を入れ換えましょう。

 

隙間なくぎゅうぎゅうに荷物を詰めてしまうと風が通らず湿気が抜けにくくなります。

 

床や壁面と収納物の間に空気の層を造ることで、湿気を防ぐことが出来ます。

 

「すのこ」を床に敷き、左右と奥の壁にもたてかけて、押入れの中に「すのこ」で二重壁を作るような感じにすると良いです。

 

「すのこ」は、湿気を吸わないプラスティック製のものが丈夫で扱いやすいのですが、桐で作られた「すのこ」があればそちらをお勧めします。

 

ホームセンターで売っているような結束線や、丈夫なひもで結束すると固定されるので良いでしょう。

 

これだけでも、空気の流れができて、湿気対策になります。

 

「すのこ」だけでもう大丈夫かと言えばそうではありません。

 

「すのこ」を敷いたことで風の通り道ができたので、扇風機で風を送るようにするもの良いでしょう。

 

定期的にこもった湿気を外に出すようにした方が良いです。

 

 

移動が可能な洋服タンスや衣装ケースであれば、壁から離しておくようにしましょう。

 

衣装ケースを入れる場合は、キャスター付きの衣装ケースにするのがおすすめです。

 

床との間にスペースができて通気性が高まりますし、押し入れからの出し入れもしやすくなるので、とても便利です。

 

除湿器や収納空間専用の除湿剤を置いておくなどの湿気対策もしておくと良いでしょう。

 

押入れ結露対策をしても手遅れになっている場合もあります。

 

押入れの結露を放っておくとカビの温床となりやすく、、カビが原因で健康面にも大きな影響を与えることもあるのです。

 

湿気やカビを放置しておくと、木材の腐敗に繋がります。

 

シロアリは乾燥を嫌い、暗くて通気性の悪い、湿った場所を好みます。

 

湿気でカビが多くなるほどシロアリが発生する可能性も高くなってしまうのです。

 

木材が腐敗すると土台や柱の構造材まで腐ってしまい、家の傾きなど重大な問題に繋がる場合もあります。

 

 

 

もしカビが生えてしまったら

 

雑巾で拭いてしまうと、かえってカビが広がってしまうので注意して下さい。

 

換気は充分に行い、マスクやゴム手袋を必ず装着してから、カビの生えは場所に消毒用エタノールをスプレーしましょう。

 

そして、消毒用エタノールで湿らせた布で拭き取り、その後も更にスプレーをして下さい。

 

※塩素系カビ取り剤は酸性のものと絶対に混ぜない事、エタノールは火気厳禁ですので、充分ご注意ください!

 

 

■家に生えやすいカビとは?

 

カビは菌糸と呼ばれる糸状の細胞からできており、胞子で増殖する菌類の一種のことです。
主に湿気が多いところで繁殖しやすいです。

 

最近、気密性が高い家が多く、このような家は特にカビが発生しやすいという問題点があります。

 

カビは喘息やアレルギー性鼻炎、アトピーなどの原因になったり悪化させたりする事もり、健康への被害の心配です。

 

カビがひどい場合はできるだけ早いカビ対策リフォームが必要です。

 

 

■家でよく見かけるカビ

  • 黒カビ(クロワカカビ)

家に生えやすいカビの代表で、壁や浴室などによく生えます。
結露の多い場所に生えやすく、低温乾燥にも強いので繁殖させないためのカビ対策リフォームが有効です。

 

  • 青カビ

食品に生えやすいカビですが、家具や押入れ、ハウスダスト、畳などにもよく発生し、中には肝臓や腎臓のガンの原因になる青カビもあります。

 

早急なカビ対策リフォームを行うのがよいでしょう。

 

 

 

家の中のカビはこまめな掃除によって多少軽減することは可能ですが、見えない部分でもカビが繁殖していることが多いです。
カビが生えやすい環境になっている原因を見つけてカビ対策リフォームを行うことで、カビの発生を抑え根本的な解決に繋げることができます。

 

押し入れのカビや結露に気付いたら、できるだけ早い段階でリフォームが必要なのです。

 

押入れリフォームの費用と期間はどれ位かかるのでしょうか?

 

一例をご紹介します。

 

 

結露対策の押し入れリフォーム

工事費:20,000円

 

床下地材(断熱材含む):8,000円

 

化粧板:6,000円

 

養生費:2,000円

 

廃材処分費:3,000円

 

合計39,000円(税別)

 

工事期間は3〜7日の間で完了するケースが多いです。

 

マンションや賃貸の場合は、事前に管理者に確認を取っておく事が必要になるので注意しましょう。

 

地域や住宅、条件によって金額も異なります。

 

業者によっても金額が変わってきます。

 

カビ対策リフォームは複数の工事を併せて起こったほうが効果的なことが多く、プロの視点からのアドバイスをもらう事も大切です。

 

重要なのは、複数の業者から見積もりを出してもらうことです。

 

カビ対策リフォームでは費用が高額になる場合も多いため、工事費や材料費の項目ごとの見積もり、カビ対策リフォーム工事全体の見積もりで内容を比較検討して業者選びを行うようにしましょう。

 

また、業者によってリフォーム方法の提案の仕方が違うことも多いです。

 

複数の業者から意見を聞いたうえで、どのような押入れリフォームを行うか計画を立てましょう。

 

カビや結露対策のリフォームは、家の現状を正しく知り、何が原因でカビが発生しているのかをしっかり理解した上で行うことが大切です。

 

カビの発生や結露の原因を突き止めてから押入れリフォームを行わないと、同じような事が起こり意味のない結果になってしまいかねません。

 

リフォーム方法と業者選びはとても大切です。