押入れリフォームの折り戸と開き戸

押入れリフォームの折り戸と開き戸について

 

 

押し入れのリフォームは「扉選び」に迷ってしまいがちですですよね。

 

選べる種類とそれぞれの特徴をご紹介します。

 

押し入れをクローゼット等にリフォームする時、扉は色々なパターンがありますし、形状により使い勝手が異なりますので、どんな扉にしたら良いのか悩んでしまった経験はありませんか?

 

 

クローゼットに使われる事が多い扉の特性やポイントをまとめまたので参考にしてみて下さい。

 

押入れをリフォームして取り付ける扉で、一般的なものは3つになります。

 

  • 引き戸
  • 折り戸
  • 開き戸

 

他にも種類はありますが、多くの人がリフォームする時に使っている扉3つをご紹介します。

 

 

 

引き戸のメリットや特徴

引き戸とはガラガラと横にスライドさせて開ける扉の事です。

 

押し入れの敷居を生かし、引き戸で仕上げる方法です。

 

引き戸であっても、襖のような感じではありません。

 

洋風な木目調のフラッシュ戸に替えると、クローゼットの様な感じになります。

 

引き戸にするメリットは、開いた時にデッドスペースが少なく済むので意外と使いやすい扉なのです。

 

引き戸であれば和室にも合うので、部屋のリフォームをしないで襖だけ取り替えたいという人におすすめです。

 

 

 

折り戸のメリットや特徴

押し入れからクローゼットへリフォームする時に定番の扉が折り戸です。

 

クローゼットといえば折り戸とイメージする人も多いです。

 

折り戸とは複数の連なる扉を折り畳むかたちで開けるタイプの戸のことです。

 

クローゼットの代名詞とも言われている扉になります。

 

両側に大きく開閉する事で、収納内部全体を見渡す事が出来るので、クローゼットに入っているものが確認しやすいです。

 

しかし、開閉する事で扉が手前に出てきてしまう為、スペースを確保する必要があります。
お年寄りの方で、折り戸の開閉が難しいという人もいますので、苦手ではない人に向いている扉です。

 

 

 

開き戸のメリットや特徴

開き戸とは、室内の方に扉が開くような状態の扉で、両開きにする人が殆どです。

 

設置は楽なのですが、後々面倒な場合もあるかも知れません。

 

引き戸や折り戸のように敷居や鴨居にレールを取り付ける事がありませんし、蝶番のみで取り付けが可能になりますので、取り付けるのはとても楽です。
ですが、開閉の際に大きなデッドスペーススペースが必要となってしまいますので開閉時の不便さはあります。

 

一番の引き戸のメリットは、物を出し入れしやすく、扉を開けた時に広く収納内部を見渡せる事です。

 

 

扉の形態によって、メリットとデメリットがあります。

 

細かい部分まで考えて、どの扉の形であれば1番ご自宅で使いやすいのかを考えてみましょう。