押入れをクローゼットにするメリット

 

押入れをクローゼットにするメリットについて

 

普段、押入れは使っていますか?
押入れがあっても余り使っていないと言う人も多いですよね。

 

押入れをクローゼットにする事で、使っていなかった空間を有効利用する事が出来ます。

 

私の場合は洋服が沢山あり、収納箱などを購入して部屋に置いていたのですが、押入れをクローゼットにして洋服を片付けました。
収納箱も要らなくなり、今までよりも部屋が広く使えるようになりました。

 

洋服も掛けておく事が出来るのでシワが付かなくて便利です。

 

DIYで素敵にリフォームされている方もいますが、本当に手間がかかります。

 

中棚を外したり大掛かりになるので、失敗も出来ませんよね。

 

DIYする場合、よっぽど自信がある場合は良いですが、手間もかかり簡単ではないので業者に頼む事をおすすめします。

 

 

 

押入れをクローゼットにリフォームするメリット

 

使っていない押入れがある方はクローゼットにリフォームする事をおすすめします。

 

例えば、和室のままで中だけクローゼットにする方もいます。
和室でリフォームした場合、引き戸にすれば違和感はありません。

 

使わない和室を洋室にリフォームした際、押入れもクローゼットにすると見た目にも良いですし、使い勝手もよくなりますよね。

 

押し入れが使いづらいと感じる事はありませんか?

 

奥行きがあり過ぎたり、仕切りがないので、布団以外の収納だと使いづらさを感じたりします。

 

奥に収納した物を取るのが大変だったり、仕切りがないので上手く片付けられなかったりしますよね。

 

最近は和室を使う人が減っていたり、ベッドを使う人が増えているので、押入れが使いづらいと感じたり余り使わない人が増えています。

 

クローゼットにするメリットは沢山あります。

 

長さがある物が片付けやすくなりますし、着丈の長い服もたたまずに収納出来ます。

 

ロングコートワンピースなどを折りたたむことなく収納できるので、衣類の収納にとっても便利。

 

押し入れに折りたたんで収納するとシワになったり、通気性が悪いので湿気

 

使い方や環境にもよりますが衣類の管理には余り適しているように感じませんでした。

 

私はよくプリーツスカートをクリーニングするのですが、畳んで置いておくとすぐシワシワになってしまって、せっかくクリーニングに出したのに・・・これではとても履いて出かけられないとガッカリした事もありました。

 

プリーツスカートはゆったり掛けられる所に保管する方がやっぱり良いですね。

 

コートも何枚かあるのですが、ロングコートは長さがあるので掛けて収納したいですよね。
一年間着ないのに畳んでしまっておくと、変な筋が付いてしまったりシワが付いてしまったりして、いざ着る時にちょっと嫌だなぁ・・・って思う時もありました。

 

私の住んでいる家は建て売り住宅で、部屋はフローリングなのですが、扉が付いているのに中は押入れだったので、クローゼットにしリフォームしました。

 

今はとても使いやすくなったので、リフォームして良かったです。

 

使わない押し入れがある方は、クローゼットリフォームをおすすめします。

 

 

ちなみに、クローゼットにリフォームする時は扉を折れ戸に変更するのが一般的です。

 

押入れは殆ど引き戸ですが、クローゼットは折れ戸にすると開口部が広くなり、衣類が収納しやすく出し入れも簡単になります。

 

折れ戸は左右の扉を両端に寄せることが出来るので、広々と収納に使えるので良いですね。