押入れリフォーム前に確認する事

 

押入れをリフォームする時に知っておきたい事

 

リフォームできるクローゼットの種類と費用の目安が分かっておいた方が安心ですよね。。

 

押し入れリフォームと言うと、押入れからクローゼットにするのが一般的ですが、中にはクローゼット以外にベッドとして使いたい、書斎にしたい、本棚として使いたいという方もいます。

 

押し入れリフォームと言っても色々な用途に応じてリフォームする事が出来るので、クローゼットにしたいのか空きスペースとして部屋のように使いたいのか、よく考えてからリフォームしましょう。

 

クローゼットにする場合ですが、大きくわけて3つに分類されます。

 

  1. 中棚をなくす簡易的なリフォーム
  2. 扉をクローゼット風に変えるリフォーム
  3. クローゼットにリフォーム

 

簡単にですが、大きく分けるとこのように分けられます。
押入れをリフォームした時にどう使いたいかよく考えてからリフォームしましょう。

 

 

1、中棚をなくす簡易的なリフォーム

押入れは通常上段と下段に分けられています。
多くの人は、布団をしまう時は身体をかがめなくて良い上段に布団をしまって、下段は収納スペースとして使っているのではないでしょうか?
私の家にも押入れがありますが、上段に布団、下段には普段使わない物をしまってあります。

 

背丈の高い物をしまいたい時があるのですが、中棚が邪魔になってしまいますよね?
中棚をなくす事によって背丈の高い物をしまっておく事が出来るようになるので、利用目的を変更する為に中棚だけなくす簡易的なリフォームをする方もいます。

 

中の板を取り除くだけのリフォームですので、簡易的なリフォームで済ます。
費用は約2〜3万円程で行う事が出来ます。

 

ですが、床がダメになっていたりする場合もあるので、その時は床のリフォーム費用も考えなくてはいけません。

 

重い物を片付けるのを考えると、床がしっかりしていないと心配です。
床が湿気などで痛んでいる場合は注意して下さいね。

 

 

2、扉をクローゼット風に変えるリフォーム

襖からクローゼット風の扉に変更したいという方もいます。

 

扉を変更するだけで部屋の雰囲気は随分変わります。
例えば、和室をフローリングの洋室にリフォームした場合は、押入れの扉だけを変更すれば雰囲気が全然違いますよね。

 

押入れの中のリフォームまでするとお金が多くかかってしまうから扉だけ変更したいという方におすすめです。

 

扉が古くなってしまったり新しい物に変更したい場合にも良いですね。
扉の種類が豊富にありますので、部屋に合った色やデザインの物を選びましょう。

 

 

3、クローゼットにリフォーム

上記1、2、のような部分的ではなく、押入れ全体を完全にクローゼットに変更するリフォームです。

 

中棚をなくしてハンガーパイプを設置して、扉を変更するリフォームです。
押入れリフォームというとこの方法をイメージする人が多いですね。

 

ちなみに、ウォークインクローゼットにリフォームする人もいます。
ウォークインクローゼットとは、1つの部屋として独立させた収納空間になります。

 

一般的に、ウォークインクローゼットというと、部分的ではなく押入れを拡張して更に広い空間を収納エリアとします。

 

ウォークインクローゼットへのリフォームをする場合は、使わない空き部屋を活用するか、押入れ部分を活かして周囲の空きスペースと合体させる方法があります。

 

 

押入れリフォームの方法は大きく分けるとこの3つになります。

 

予算や部屋の作りによってリフォームの仕方も変わってきますね。

 

自分に一番合っている方法を選びましょう。